院長紹介

ごあいさつ

皆様へ。この度、二宮整形外科皮フ科の院長に就任いたしました二宮研と申します。私の父親である二宮浩理事長も以前当院で診療していたことがあり、地域の皆様にはたいへんお世話になっております。私は横浜市緑区で育ち、慶応義塾大学医学部卒業後に慶応義塾大学整形外科に入局し、様々な病院で整形外科、特に脊椎の疾患を中心に治療してきました。整形外科は身体の怪我や慢性疾患、骨粗鬆症など多くの疾患を対象とし、痛みや動きを改善し、生活の質を向上させる重要な診療科です。当院の理念である「患者様との温かい心のふれあいを大切に、気軽にかかれる身近な主治医」を継承し、私が育った地域医療に貢献できるようスタッフ一同努めていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

院長 二宮にのみや けん

資格

  • 医学博士
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本脊椎脊髄病学会認定脊椎脊髄外科指導医
  • 日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医

所属学会

  • 日本整形外科学会
  • 日本脊椎脊髄病学会
  • 日本臨床整形外科医会
  • 神奈川臨床整形外科医会

略歴

  • 平成12年3月 慶應義塾大学卒業
  • 平成12年4月 第94回医師国家試験合格、Elizabethtown College留学
  • 平成13年4月 慶應義塾大学整形外科入局
  • 平成14年4月 静岡赤十字病院整形外科
  • 平成15年4月 東京歯科大学市川総合病院整形外科助手
  • 平成16年4月 慶応義塾大学大学院入学
  • 平成20年3月 慶応義塾大学大学院修了、博士号取得
  • 平成20年4月 川崎市立川崎病院副医長
  • 平成23年4月 東京歯科大学市川総合病院講師
  • 平成31年9月 静岡市立清水病院科長
  • 令和4年9月 二宮整形外科皮フ科院長

院長の受賞歴

  • 平成29年12月 慶應義塾大学整形外科 戸山賞
  • 平成29年4月 第15回慶應義塾大学先進脊椎外科研究会 優秀演題賞
  • 平成29年3月 第7回アジア・太平洋頚椎外科学会 ポスター賞
  • 平成26年6月 第30回ヨーロッパ頚椎外科学会 Mario Boni賞(共同演者)
  • 平成25年6月 第29回ヨーロッパ頚椎外科学会 Mario Boni賞(共同演者)
  • 平成24年7月 Spine Across the Sea 優秀ポスター

院長の書籍

  • 新 脊椎インストゥルメンテーション テクニカルポイントと合併症対策
    インストウルメントを活かすテクニック cortical bone trajectory(CBT)
    二宮 研,白石 建
    出版社 メジカルビュー社
    発刊年 2014年9月
  • 幹細胞の基礎からわかるヒトES細胞
    Human Embryonic Stem Cells second edition Ann A. Kiessling, Scott C. Anderson
    監訳 須田年生
    訳者 中村由香、吉原宏樹、岩崎博子、岩崎良太郎、鈴木亨、細川健太郎、荒井学、佐野圭吾、永松剛、二宮研、嶋晴子、五明由美子、宮本佳奈、外山弘文、渡邊佳恵、山田稚子
    出版社 メディカル・サイエンス・インターナショナル
    発刊年 2008年7月

院長の英語文献

  1. : Aoyama R, Yamane J, Ninomiya K, Takahashi Y, Kitamura K, Nori S, Suzuki S, Shiraishi T. Disc Height Narrowing Could Not Stabilize the Mobility at the Level of Cervical Spondylolisthesis: A Retrospective Study of 83 Patients with Cervical Single-Level Spondylolisthesis. Asian Spine J. 2022 Jul 11. doi: 10.31616/asj.2021.0207. Epub ahead of print. PMID: 35815353.
  2. : Aoyama R, Yamane J, Ninomiya K, Takahashi Y, Kitamura K, Nori S, Suzuki S, Shiraishi T. Cervical Spinous Process and Its Attached Muscles Maintain Lower Disk Lordosis: A Retrospective Study of 155 Patients Who Underwent Muscle-Preserving Double Laminectomies. Asian Spine J. 2022 Jun 3. doi: 10.31616/asj.2021.0186. Epub ahead of print. PMID: 35654109.
  3. : Aoyama R, Yamane J, Ninomiya K, Takahashi Y, Kitamura K, Nori S, Suzuki S, Matsumoto S, Kato M, Ueda S, Anazawa U, Shiraishi T. Atlantoaxial stenosis after muscle-preserving selective laminectomy. J Clin Neurosci. 2022 Jun;100:124-130. doi: 10.1016/j.jocn.2022.04.013. Epub 2022 Apr 19. PMID: 35453100.
  4. : Ninomiya K, Yamane J, Aoyama R, Suzuki S, Shiono Y, Takahashi Y, Fujita N, Okada E, Tsuji O, Yagi M, Watanabe K, Iga T, Nakamura M, Matsumoto M, Ishii K, Nagoshi N. Clinical Effects of Anterior Cervical Spondylolisthesis on Cervical Spondylotic Myelopathy After Posterior Decompression Surgery: A Retrospective Multicenter Study of 732 Cases. Global Spine J. 2022 Jun;12(5):820-828. doi: 10.1177/2192568220966330. Epub 2020 Nov 18. PMID: 33203252; PMCID: PMC9344521.
  5. : Furukawa M, Okuyama K, Ninomiya K, Yato Y, Miyamoto T, Nakamura M, Matsumoto M. Maximum number of bone cross-linked vertebrae: an index for BMD in diffuse idiopathic skeletal hyperostosis. J Bone Miner Metab. 2022 Mar;40(2):308-316. doi: 10.1007/s00774-021-01282-7. Epub 2021 Nov 29. PMID: 34845530.
  6. : Furukawa M, Okuyama K, Ninomiya K, Yato Y, Miyamoto T, Nakamura M, Matsumoto M. Association of Continuous Vertebral Bone Bridges and Bone Mineral Density with the Fracture Risk in Patients with Diffuse Idiopathic Skeletal Hyperostosis. Asian Spine J. 2022 Feb;16(1):75-81. doi: 10.31616/asj.2020.0352. Epub 2021 May 3. PMID: 33915617; PMCID: PMC8874007.
  7. : Aoyama R, Shiraishi T, Yamane J, Ninomiya K, Takahashi Y, Kitamura K, Nori S, Suzuki S. Adjacent Segment Stenosis after Muscle-Preserving Selective Laminectomy: A Retrospective Study of Patients with a Minimum 10-Year Follow-Up. Spine Surg Relat Res. 2021 Jun 30;6(2):115-122. doi: 10.22603/ssrr.2021-0076. PMID: 35478983; PMCID: PMC8995115.
  8. : Ninomiya K, Okuyama K, Aoyama R, Nori S, Yamane J, Suzuki S, Kitamura K, Anazawa U, Furukawa M, Shiraishi T, Ueda S, Kato M. Surgical Outcomes of Selective Laminectomy for Patients With Cervical Kyphosis: A Retrospective Study of 379 Cases. Global Spine J. 2021 Oct 30:21925682211049799. doi: 10.1177/21925682211049799. Epub ahead of print. PMID: 34719284.
  9. : Nori S, Nagoshi N, Kono H, Kobayashi Y, Isogai N, Ninomiya K, Tsuji T, Horiuchi Y, Takemura R, Kimura R, Tsuji O, Suzuki S, Okada E, Yagi M, Nakamura M, Matsumoto M, Watanabe K, Ishii K, Yamane J. Baseline severity of myelopathy predicts neurological outcomes after posterior decompression surgery for cervical spondylotic myelopathy: a retrospective study. Spinal Cord. 2021 May;59(5):547-553. doi: 10.1038/s41393-020-00603-3. Epub 2021 Jan 25. PMID: 33495583.
  10. : Ninomiya K, Shiraishi T, Aoyama R, Nori S, Yamane J, Kitamura K, Suzuki S, Fujita N, Tabata T, Ueda S, Anazawa U. Analysis of the impact of spinopelvic radiographic parameters on the severity of cervical spondylotic myelopathy. J Orthop Sci. 2020 Nov;25(6):966-974. doi: 10.1016/j.jos.2020.01.006. Epub 2020 Feb 13. PMID: 32063467.
  11. : Nori S, Aoyama R, Ninomiya K, Suzuki S, Anazawa U, Shiraishi T. Does K-line (-) in the Neck-flexed Position Predict Surgical Outcome of Cervical Spondylotic Myelopathy?: Results of a Multivariate Analysis After Muscle-preserving Selective Laminectomy. Spine (Phila Pa 1976). 2020 Oct 1;45(19):E1225-E1231. doi: 10.1097/BRS.0000000000003547. PMID: 32453238.
  12. : Nori S, Aoyama R, Ninomiya K, Suzuki S, Anazawa U, Shiraishi T. K-line (-) in the neck-flexed position affects surgical outcomes in patients with ossification of the posterior longitudinal ligament after muscle-preserving selective laminectomy. J Orthop Sci. 2020 Sep;25(5):770-775. doi: 10.1016/j.jos.2019.10.002. Epub 2019 Oct 28. PMID: 31672381.
  13. : Nori S, Aoyama R, Ninomiya K, Suzuki S, Anazawa U, Shiraishi T. Ossified Posterior Longitudinal Ligament Existing at an Intervertebral Level Limits Compensatory Mechanism of Cervical Lordosis after Muscle-Preserving Selective Laminectomy. Spine Surg Relat Res. 2019 Aug 16;3(4):312-318. doi: 10.22603/ssrr.2019-0036. PMID: 31768450; PMCID: PMC6834463.
  14. : Aoyama R, Shiraishi T, Yamane J, Ninomiya K, Kitamura K, Nori S, Suzuki S. The Dural Tube Continues to Expand after Muscle-Preserving Cervical Laminectomy. Spine Surg Relat Res. 2018 Aug 25;3(2):136-140. doi: 10.22603/ssrr.2018-0034. PMID: 31435565; PMCID: PMC6690086.
  15. : Nori S, Shiraishi T, Aoyama R, Ninomiya K, Yamane J, Kitamura K, Ueda S. Upper cervical lordosis compensates lower cervical kyphosis to maintain whole cervical lordosis after selective laminectomy. J Clin Neurosci. 2018 Dec;58:64-69. doi: 10.1016/j.jocn.2018.10.049. Epub 2018 Oct 16. PMID: 30340969.
  16. : Nori S, Shiraishi T, Aoyama R, Ninomiya K, Yamane J, Kitamura K, Ueda S. Extremely high preoperative C7 slope limits compensatory cervical lordosis after muscle-preserving selective laminectomy. Eur Spine J. 2018 Aug;27(8):2029-2037. doi: 10.1007/s00586-018-5588-y. Epub 2018 Apr 23. PMID: 29687180.
  17. : Nori S, Shiraishi T, Aoyama R, Ninomiya K, Yamane J, Kitamura K, Ueda S. Narrow width of muscle-preserving selective laminectomy demonstrated sufficient surgical outcomes and reduced surgical invasiveness. J Clin Neurosci. 2018 Jun;52:60-65. doi: 10.1016/j.jocn.2018.03.007. Epub 2018 Mar 26. PMID: 29598841.
  18. : Nori S, Shiraishi T, Aoyama R, Ninomiya K, Yamane J, Kitamura K, Ueda S. Muscle-Preserving Selective Laminectomy Maintained the Compensatory Mechanism of Cervical Lordosis After Surgery. Spine (Phila Pa 1976). 2018 Apr 15;43(8):542-549. doi: 10.1097/BRS.0000000000002359. PMID: 28767627.
  19. : Nori S, Shiraishi T, Aoyama R, Ninomiya K, Yamane J, Kitamura K, Ueda S. Posterior spinal cord shift does not affect surgical outcomes after muscle- preserving selective laminectomy. J Clin Neurosci. 2018 Apr;50:226-231. doi: 10.1016/j.jocn.2018.01.067. Epub 2018 Feb 10. PMID: 29439907.
  20. : Aoyama R, Shiraishi T, Kato M, Yamane J, Ninomiya K, Kitamura K, Nori S, Iga T. Characteristic findings on imaging of cervical spondylolisthesis: Analysis of computed tomography and X-ray photography in 101 spondylolisthesis patients. Spine Surg Relat Res. 2018 Jan 27;2(1):30-36. doi: 10.22603/ssrr.2017-0017. PMID: 31440643; PMCID: PMC6698550.
  21. : Ninomiya K, Fujita N, Hosogane N, Hikata T, Watanabe K, Tsuji O, Nagoshi N, Yagi M, Kaneko S, Fukui Y, Koyanagi T, Shiraishi T, Tsuji T, Nakamura M, Matsumoto M, Ishii K. Presence of Modic type 1 change increases risk of postoperative pyogenic discitis following decompression surgery for lumbar canal stenosis. J Orthop Sci. 2017 Nov;22(6):988-993. doi: 10.1016/j.jos.2017.07.003. Epub 2017 Aug 10. PMID: 28802716.
  22. : Nori S, Aoyama R, Ninomiya K, Yamane J, Kitamura K, Ueda S, Shiraishi T. Cervical laminectomy of limited width prevents postoperative C5 palsy: a multivariate analysis of 263 muscle-preserving posterior decompression cases. Eur Spine J. 2017 Sep;26(9):2393-2403. doi: 10.1007/s00586-017-5202-8. Epub 2017 Jun 28. PMID: 28660373.
  23. : Ochi K, Horiuchi Y, Tanabe A, Morita K, Takeda K, Ninomiya K. Comparison of shoulder internal rotation test with the elbow flexion test in the diagnosis of cubital tunnel syndrome. J Hand Surg Am. 2011 May;36(5):782-7. doi: 10.1016/j.jhsa.2010.12.019. Epub 2011 Feb 23. PMID: 21349657.
  24. : Miyauchi Y, Ninomiya K, Miyamoto H, Sakamoto A, Iwasaki R, Hoshi H, Miyamoto K, Hao W, Yoshida S, Morioka H, Chiba K, Kato S, Tokuhisa T, Saitou M, Toyama Y, Suda T, Miyamoto T. The Blimp1-Bcl6 axis is critical to regulate osteoclast differentiation and bone homeostasis. J Exp Med. 2010 Apr 12;207(4):751-62. doi: 10.1084/jem.20091957. Epub 2010 Apr 5. PMID: 20368579; PMCID: PMC2856022.
  25. : Yagi M, Ninomiya K, Kihara M, Horiuchi Y. Long-term surgical outcome and risk factors in patients with cervical myelopathy and a change in signal intensity of intramedullary spinal cord on Magnetic Resonance imaging. J Neurosurg Spine. 2010 Jan;12(1):59-65. doi: 10.3171/2009.5.SPINE08940. PMID: 20043766.
  26. : Yagi M, Ninomiya K, Kihara M, Horiuchi Y. Symptomatic osteochondroma of the spine in elderly patients. Report of 3 cases. J Neurosurg Spine. 2009 Jul;11(1):64-70. doi: 10.3171/2009.3.SPINE0912. PMID: 19569943.
  27. : Miyamoto K, Ninomiya K, Sonoda KH, Miyauchi Y, Hoshi H, Iwasaki R, Miyamoto H, Yoshida S, Sato Y, Morioka H, Chiba K, Egashira K, Suda T, Toyama Y, Miyamoto T. MCP-1 expressed by osteoclasts stimulates osteoclastogenesis in an autocrine/paracrine manner. Biochem Biophys Res Commun. 2009 Jun 5;383(3):373-7. doi: 10.1016/j.bbrc.2009.04.020. Epub 2009 Apr 11. PMID: 19364494.
  28. : Yagi M, Okada E, Ninomiya K, Kihara M. Postoperative outcome after modified unilateral-approach microendoscopic midline decompression for degenerative spinal stenosis. J Neurosurg Spine. 2009 Apr;10(4):293-9. doi: 10.3171/2009.1.SPINE08288. PMID: 19441985.
  29. : Iwasaki R, Ninomiya K, Miyamoto K, Suzuki T, Sato Y, Kawana H, Nakagawa T, Suda T, Miyamoto T. Cell fusion in osteoclasts plays a critical role in controlling bone mass and osteoblastic activity. Biochem Biophys Res Commun. 2008 Dec 19;377(3):899-904. doi: 10.1016/j.bbrc.2008.10.076. Epub 2008 Oct 24. PMID: 18952053.
  30. : Sawatani Y, Miyamoto T, Nagai S, Maruya M, Imai J, Miyamoto K, Fujita N, Ninomiya K, Suzuki T, Iwasaki R, Toyama Y, Shinohara M, Koyasu S, Suda T. The role of DC-STAMP in maintenance of immune tolerance through regulation of dendritic cell function. Int Immunol. 2008 Oct;20(10):1259-68. doi: 10.1093/intimm/dxn082. Epub 2008 Jul 24. PMID: 18653699.
  31. : Fujita N, Imai J, Suzuki T, Yamada M, Ninomiya K, Miyamoto K, Iwasaki R, Morioka H, Matsumoto M, Chiba K, Watanabe S, Suda T, Toyama Y, Miyamoto T. Vascular endothelial growth factor-A is a survival factor for nucleus pulposus cells in the intervertebral disc. Biochem Biophys Res Commun. 2008 Jul 25;372(2):367-72. doi: 10.1016/j.bbrc.2008.05.044. Epub 2008 May 19. PMID: 18492486.
  32. : Suzuki T, Miyamoto T, Fujita N, Ninomiya K, Iwasaki R, Toyama Y, Suda T. Osteoblast-specific Angiopoietin 1 overexpression increases bone mass. Biochem Biophys Res Commun. 2007 Nov 3;362(4):1019-25. doi: 10.1016/j.bbrc.2007.08.099. Epub 2007 Aug 28. PMID: 17825261.
  33. : Ninomiya K, Miyamoto T, Imai J, Fujita N, Suzuki T, Iwasaki R, Yagi M, Watanabe S, Toyama Y, Suda T. Osteoclastic activity induces osteomodulin expression in osteoblasts. Biochem Biophys Res Commun. 2007 Oct 19;362(2):460-6. doi: 10.1016/j.bbrc.2007.07.193. Epub 2007 Aug 13. PMID: 17714690.
  34. : Morita K, Miyamoto T, Fujita N, Kubota Y, Ito K, Takubo K, Miyamoto K, Ninomiya K, Suzuki T, Iwasaki R, Yagi M, Takaishi H, Toyama Y, Suda T. Reactive oxygen species induce chondrocyte hypertrophy in endochondral ossification. J Exp Med. 2007 Jul 9;204(7):1613-23. doi: 10.1084/jem.20062525. Epub 2007 Jun 18. PMID: 17576777; PMCID: PMC2118643.
  35. : Yagi M, Ninomiya K, Fujita N, Suzuki T, Iwasaki R, Morita K, Hosogane N, Matsuo K, Toyama Y, Suda T, Miyamoto T. Induction of DC-STAMP by alternative activation and downstream signaling mechanisms. J Bone Miner Res. 2007 Jul;22(7):992-1001. doi: 10.1359/jbmr.070401. PMID: 17402846.
  36. : Fujita N, Miyamoto T, Imai J, Hosogane N, Suzuki T, Yagi M, Morita K, Ninomiya K, Miyamoto K, Takaishi H, Matsumoto M, Morioka H, Yabe H, Chiba K, Watanabe S, Toyama Y, Suda T. CD24 is expressed specifically in the nucleus pulposus of intervertebral discs. Biochem Biophys Res Commun. 2005 Dec 30;338(4):1890-6. doi: 10.1016/j.bbrc.2005.10.166. Epub 2005 Nov 10. PMID: 16288985.
  37. : Yagi M, Miyamoto T, Sawatani Y, Iwamoto K, Hosogane N, Fujita N, Morita K, Ninomiya K, Suzuki T, Miyamoto K, Oike Y, Takeya M, Toyama Y, Suda T. DC-STAMP is essential for cell-cell fusion in osteoclasts and foreign body giant cells. J Exp Med. 2005 Aug 1;202(3):345-51. doi: 10.1084/jem.20050645. PMID: 16061724; PMCID: PMC2213087.

院長の日本語文献

  1. マレットフィンガーに対して皮下埋没経皮的銅線固定術を行った9例
    Author:萩原 健(静岡市立清水病院 整形外科), 浦屋 有紀, 松本 侑樹, 佐藤 雅洋, 石井 斉宜, 野崎 拓人, 二宮 研, 菊池 謙太郎, 奥山 邦昌
    Source:静岡整形外科医学雑誌(1882-3998)14巻1-2号 Page95(2021.12)
    論文種類:会議録
  2. 内視鏡下腰椎椎間板ヘルニア摘出術(MED)後に椎間板から発生した腰椎偽痛風の1例
    Author:道振 康平(静岡市立清水病院 整形外科), 奥山 邦昌, 二宮 研, 菊池 謙太郎, 萩原 健, 青松 修二, 野崎 拓人, 谷口 巧, 今本 多計臣
    Source:臨床整形外科(0557-0433)57巻2号 Page193-197(2022.02)
    論文種類:原著論文/症例報告
  3. 橈骨遠位端骨折に対しての掌側ロッキングプレートにおける近位スクリュー本数と矯正損失の関連
    Author:萩原 健(静岡市立清水病院 整形外科), 河野 友祐, 栩木 弘和, 二宮 研, 菊池 謙太郎, 奥山 邦昌
    Source:骨折(0287-2285)43巻4号 Page837-840(2021.08)
    論文種類:原著論文/比較研究
  4. びまん性特発性骨増殖症(DISH)における骨代謝メカニズムの解析 最大連続椎体骨架橋数(max VB)を指標とした大腿骨骨密度、骨代謝マーカーの動向に関して
    Author:古川 満(国立病院機構村山医療センター 整形外科), 奥山 邦昌, 二宮 研, 大久保 寿樹, 松林 紘平, 小林 喜臣, 許斐 恒彦, 藤吉 兼浩, 山根 淳一, 谷戸 祥之
    Source:日本骨粗鬆症学会雑誌(2189-8383)7巻Suppl.1 Page239(2021.09)
    論文種類:会議録
  5. 頸椎後方除圧術後の隣接椎間障害について 選択的椎弓切除術後長期経過例の解析から
    Author:青山 龍馬(東京歯科大学市川総合病院), 高橋 勇一朗, 藤田 成人, 白石 建, 山根 淳一, 二宮 研, 北村 和也, 海苔 聡, 鈴木 悟士
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)12巻3号 Page260(2021.03)
    論文種類:会議録
  6. 前方すべりを伴う頸椎症性脊髄症に対する後方除圧術の成績の検討 特に頸椎後彎の併存に着目して
    Author:二宮 研(静岡市立清水病院 整形), 山根 淳一, 名越 慈人, 青山 龍馬, 鈴木 悟士, 塩野 雄太, 高橋 勇一朗, 藤田 順之, 岡田 英次朗, 辻 収彦, 八木 満, 伊賀 隆史, 中村 雅也, 松本 守雄, 石井 賢, 渡辺 航太, KSRG(Keio Spine Research Group)
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)12巻3号 Page232(2021.03)
    論文種類:会議録
  7. 後彎を伴う頸椎症性脊髄症に対する選択的椎弓切除術の成績についての検討
    Author:二宮 研(静岡市立清水病院 整形), 奥山 邦昌, 青山 龍馬, 山根 淳一, 海苔 聡, 鈴木 悟士, 古川 満, 穴澤 卯圭, 北村 和也, 上田 誠司, 白石 建
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)12巻3号 Page231(2021.03)
    論文種類:会議録
  8. 私の仕事と若手に伝えたいこと(治療編) 筋温存型頸椎後方手術の開発から実践まで
    Author:白石 建(白石脊椎クリニック), 青山 龍馬, 上田 誠司, 谷戸 祥之, 福田 健太郎, 加藤 匡裕, 山根 淳一, 二宮 研, 高橋 勇一朗, 北村 和也, 海苔 聡, 鈴木 悟士
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)12巻3号 Page196(2021.03)
    論文種類:会議録
  9. 当院におけるコンドリアーゼ(ヘルニコア)の使用成績
    Author:二宮 研(静岡市立清水病院 整形外科), 奥山 邦昌, 菊池 謙太郎, 河野 友祐, 萩原 健, 青松 修二, 佐々木 遼, 佐藤 圭悟
    Source:静岡整形外科医学雑誌(1882-3998)13巻1-2号 Page98(2020.12)
    論文種類:会議録
  10. 保存的治療中に環軸椎回旋位固定を認め、観血的治療を要した高齢者における軸椎歯突起骨折の1例
    Author:佐々木 遼(静岡市立清水病院 整形外科), 奥山 邦昌, 二宮 研, 菊池 謙太郎, 河野 友祐, 萩原 健, 青松 修二, 佐藤 圭悟
    Source:静岡整形外科医学雑誌(1882-3998)13巻1-2号 Page95-96(2020.12)
    論文種類:会議録/症例報告
  11. マレットフィンガーに対して皮下埋没経皮的鋼線固定術を行った6例
    Author:萩原 健(静岡市立清水病院 整形外科), 今本 多計臣, 道振 康平, 谷口 巧, 青松 修二, 野崎 拓人, 二宮 研, 菊池 謙太郎, 奥山 邦昌
    Source:日本職業・災害医学会会誌(1345-2592)68巻臨増 Page 別244(2020.12)
    論文種類:会議録
  12. 臨床室 保存的治療中に環軸関節回旋位固定を認め観血的治療を要した高齢者における軸椎歯突起骨折の1例
    Author:佐々木 遼(静岡市立清水病院 整形外科), 奥山 邦昌, 二宮 研, 菊池 謙太郎, 河野 友祐, 萩原 健
    Source:整形外科(0030-5901)71巻11号 Page1168-1171(2020.10)
    論文種類:原著論文/症例報告
  13. 373例の頸椎症性脊髄症に対する後方除圧術の臨床的検討 頸椎症性変化と頸椎すべりの発生に注目して
    Author:二宮 研(清水病院 整形), 奥山 邦昌, 青山 龍馬, 海苔 聡, 山根 淳一, 北村 和也, 穴澤 卯圭, 白石 建
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)11巻3号 Page391(2020.03)
    論文種類:会議録
  14. 屈曲位K-line(-)は頸椎後縦靱帯骨化症に対する筋温存型選択的頸椎椎弓切除術の術後成績に影響を与える
    Author:海苔 聡(慶応義塾大学 整形), 青山 龍馬, 二宮 研, 鈴木 悟士, 白石 建, 渡辺 航太, 中村 雅也, 松本 守雄
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)11巻3号 Page133(2020.03)
    論文種類:会議録
  15. 転移性脊椎腫瘍に対する骨修飾薬(ゾレドロン酸、デノスマブ)の介入効果
    Author:水野 早希子(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 渡部 逸央, 寺島 毅, 堀田 拓, 青山 龍馬, 二宮 研, 穴澤 卯圭
    Source:日本骨粗鬆症学会雑誌(2189-8383)4巻Suppl.1 Page292(2018.09)
    論文種類:会議録
  16. 選択的椎弓切除術における頸椎矢状面アライメントの意義 283例の単施設後ろ向き研究
    Author:二宮 研(静岡市立清水病院 整形外科), 奥山 邦昌, 青山 龍馬, 海苔 聡, 穴澤 卯圭, 山根 淳一, 北村 和也, 上田 誠一, 白石 建
    Source:静岡整形外科医学雑誌(1882-3998)12巻2号 Page134-135(2019.12)
    論文種類:会議録
  17. 外傷性指ボタン穴変形の手術治療において良好な成績を得た1例
    Author:佐藤 圭悟(静岡市立清水病院 整形外科), 河野 友祐, 萩原 健, 田中 信行, 佐々木 遼, 板橋 正, 二宮 研, 菊池 謙太郎, 奥山 邦晶
    Source:静岡整形外科医学雑誌(1882-3998)12巻2号 Page129-130(2019.12)
    論文種類:会議録/症例報告
  18. 人工膝関節置換術後感染長期経過後、人工膝関節再置換術を施行した1例
    Author:板橋 正(静岡市立清水病院 整形外科), 菊池 謙太郎, 田中 信行, 佐藤 圭悟, 佐々木 遼, 萩原 健, 河野 友祐, 二宮 研, 奥山 邦昌
    Source:静岡整形外科医学雑誌(1882-3998)12巻2号 Page119(2019.12)
    論文種類:会議録/症例報告
  19. 外傷性ボタン穴変形を手術治療した1例
    Author:佐藤 圭悟(静岡市立清水病院 整形外科), 河野 友祐, 萩原 健, 田中 信行, 佐々木 遼, 板橋 正, 二宮 研, 菊池 謙太郎, 奥山 邦昌
    Source:静岡整形外科医学雑誌(1882-3998)12巻2号 Page111-115(2019.12)
    論文種類:原著論文/症例報告
  20. 腎盂腎炎と考えたが、血液培養より診断に至った高齢肥満糖尿病女性の化膿性脊椎炎の1例
    Author:酒井 槇(東京歯科大学市川総合病院 研修管理部), 大嶋 洋佑, 二宮 研, 大久保 佳昭
    Source:糖尿病(0021-437X)62巻7号 Page438(2019.07)
    論文種類:会議録/症例報告
  21. 転移性脊椎腫瘍病巣は健常椎体に対する骨修飾薬(ゾレドロン酸、デノスマブ)の治療効果に影響を与える
    Author:渡部 逸央(東京歯科大学市川総合病院 整形), 穴澤 卯圭, 雨宮 剛, 水野 早希子, 二宮 研, 青山 龍馬, 堀田 拓, 中村 雅也, 松本 守雄
    Source:日本整形外科学会雑誌(0021-5325)93巻6号 Page S1553(2019.06)
    論文種類:会議録
  22. がん骨転移患者への骨修飾薬投与後の大腿骨非定型骨折の4例
    Author:渡部 逸央(東京歯科大学市川総合病院 整形), 穴澤 卯圭, 雨宮 剛, 水野 早希子, 二宮 研, 青山 龍馬, 山口 さやか, 堀田 拓
    Source:日本整形外科学会雑誌(0021-5325)93巻6号 Page S1552(2019.06)
    論文種類:会議録/症例報告
  23. がんロコモにおける「がん治療関連運動器障害」の検討
    Author:穴澤 卯圭(東京歯科大学市川総合病院 整形), 渡部 逸央, 青山 龍馬, 二宮 研, 海苔 聡, 水野 早希子, 雨宮 剛, 田畑 友寿, 御子柴 直紀, 堀田 拓, 中山 ロバート
    Source:日本整形外科学会雑誌(0021-5325)93巻6号 Page S1372(2019.06)
    論文種類:会議録
  24. 極度に大きいC7 slopeは筋温存型選択的頸椎椎弓切除術後の頸椎前彎による矢状面アライメントの代償を抑制する
    Author:海苔 聡(東京歯科大学市川総合病院 整形), 白石 建, 青山 龍馬, 二宮 研, 山根 淳一, 北村 和也, 上田 誠司
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)10巻3号 Page514(2019.03)
    論文種類:会議録
  25. 頸椎のExtension Unitは尾側椎間の前彎を維持している
    Author:青山 龍馬(東京歯科大学市川総合病院 整形), 白石 建, 二宮 研, 海苔 聡, 穴澤 卯圭, 堀田 拓, 上田 誠司, 加藤 匡裕, 山根 淳一, 北村 和也, 鈴木 悟士
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)10巻3号 Page513(2019.03)
    論文種類:会議録
  26. 頸椎後縦靱帯骨化症に対する後方除圧術のASA-PS分類による治療成績比較
    Author:船尾 陽生(国際医療福祉大学 整形), 山根 淳一, 磯貝 宜広, 石原 慎一, 辻 収彦, 岡田 英次朗, 藤田 順之, 八木 満, 渡辺 航太, 細金 直文, 二宮 研, 中村 雅也, 松本 守雄, 石井 賢, 名越 慈人
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)10巻3号 Page297(2019.03)
    論文種類:会議録
  27. 選択的椎弓切除術における頸椎矢状面アライメントの意義 283例の単施設後ろ向き研究
    Author:二宮 研(東京歯科大学市川総合病院 整形), 青山 龍馬, 海苔 聡, 穴澤 卯圭, 堀田 拓, 渡部 逸央, 山根 淳一, 北村 和也, 上田 誠司, 白石 建
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)10巻3号 Page256(2019.03)
    論文種類:会議録
  28. 当院における転移性骨腫瘍の手術治療に対するキャンサーボードの有用性
    Author:穴澤 卯圭(東京歯科大学市川総合病院 整形), 鈴木 悟士, 渡部 逸央, 二宮 研, 堀田 拓, 海苔 聡, 水野 早希子, 大谷 慎也, 御子柴 直紀, 青山 龍馬
    Source:日本整形外科学会雑誌(0021-5325)93巻3号 Page S801(2019.03)
    論文種類:会議録
  29. 頸椎椎間板高の狭小化は安定性に寄与しにくい 頸椎すべり症101例の検討
    Author:青山 龍馬(東京歯科大学市川総合病院 整形), 白石 建, 二宮 研, 海苔 聡, 穴澤 卯圭, 堀田 拓, 加藤 匡裕, 山根 淳一, 北村 和也, 鈴木 悟士
    Source:日本整形外科学会雑誌(0021-5325)93巻3号 Page S503(2019.03)
    論文種類:会議録
  30. 頸椎のextension unitは尾側椎間の前彎を維持している
    Author:青山 龍馬(東京歯科大学市川総合病院 整形), 白石 建, 二宮 研, 海苔 聡, 穴澤 卯圭, 堀田 拓, 上田 誠司, 加藤 匡裕, 山根 淳一, 北村 和也, 鈴木 悟士
    Source:日本整形外科学会雑誌(0021-5325)93巻3号 Page S502(2019.03)
    論文種類:会議録
  31. 骨転移との鑑別が問題となったがん治療関連骨障害の5例
    Author:穴澤 卯圭(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 渡部 逸央, 青山 龍馬, 二宮 研, 海苔 聡, 水野 早希子, 雨宮 剛, 田畑 友寿, 御子柴 直紀, 堀田 拓
    Source:関東整形災害外科学会雑誌(0389-7087)50巻臨増号外 Page185(2019.03)
    論文種類:会議録
  32. イラストレイテッド・サージェリー 手術編 頸髄砂時計腫を安全に全摘出するための前後合併手術 椎弓根をヒンジとした脊柱管拡大方法
    Author:北村 和也(済生会横浜市東部病院 整形外科), 白石 建, 青山 龍馬, 二宮 研, 山根 淳一, 海苔 聡, 鈴木 悟士, 上田 誠司, 福田 健太郎
    Source:脊椎脊髄ジャーナル(0914-4412)31巻10号 Page861-867(2018.10)
    論文種類:図説
  33. エリブリン投与により、1年以上、転移病巣のコントロールが得られた粘液型脂肪肉腫多発骨転移の1例
    Author:渡部 逸央(東京歯科大学市川総合病院 整形), 堀田 拓, 青山 龍馬, 二宮 研, 水野 早希子, 大谷 慎也, 松本 將吾, 穴澤 卯圭
    Source:日本整形外科学会雑誌(0021-5325)92巻6号 Page S1575(2018.06)
    論文種類:会議録/症例報告
  34. 転移性脊椎腫瘍に対する経椎弓根的腫瘍内切除術の治療成績
    Author:穴澤 卯圭(東京歯科大学市川総合病院 整形), 渡部 逸央, 二宮 研, 鈴木 悟士, 堀田 拓, 大谷 慎也, 松本 將吾, 青山 龍馬
    Source:日本整形外科学会雑誌(0021-5325)92巻6号 Page S1530(2018.06)
    論文種類:会議録
  35. 当院における過去10年間の転移性脊椎腫瘍に対する手術加療の変遷
    Author:鈴木 悟士(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 穴澤 卯圭, 渡部 逸央, 二宮 研, 堀田 拓, 大谷 慎也, 松本 將吾, 水野 早希子, 青山 龍馬
    Source:日本整形外科学会雑誌(0021-5325)92巻6号 Page S1529(2018.06)
    論文種類:会議録
  36. 骨修飾薬(ゾレドロン酸、デノスマブ)の介入を行った転移性脊椎腫瘍に対する有限要素法による経時的骨強度評価
    Author:渡部 逸央(東京歯科大学市川総合病院 整形), 穴澤 卯圭, 寺島 毅, 青山 龍馬, 二宮 研, 堀田 拓, 中村 雅也, 松本 守雄
    Source:日本整形外科学会雑誌(0021-5325)92巻6号 Page S1414(2018.06)
    論文種類:会議録
  37. 頭側のExtension Unitの温存は術後頸椎前彎の維持に重要である
    Author:青山 龍馬(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 白石 建, 二宮 研, 海苔 聡, 鈴木 悟士, 穴澤 卯圭, 堀田 拓, 上田 誠司, 加藤 匡裕, 山根 淳一, 北村 和也
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)9巻3号 Page735(2018.03)
    論文種類:会議録
  38. 腰椎・骨盤アライメントは頸椎すべり・アライメントに関係するか 頸椎症性脊髄症155例の前向き研究
    Author:二宮 研(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 青山 龍馬, 鈴木 悟士, 山根 淳一, 北村 和也, 海苔 聡, 上田 和也, 堀田 拓, 渡部 逸央, 越智 健介, 穴澤 卯圭, 白石 建
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)9巻3号 Page619(2018.03)
    論文種類:会議録
  39. 筋温存型選択的椎弓切除術が術後局所および全体のアラインメントに及ぼす影響
    Author:鈴木 悟士(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 青山 龍馬, 二宮 研, 山根 淳一, 北村 和也, 堀田 拓, 穴澤 卯圭, 白石 建
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)9巻3号 Page571(2018.03)
    論文種類:会議録
  40. ASA分類による頸椎後方除圧術の治療成績比較
    Author:船尾 陽生(国際医療福祉大学 整形外科), 山根 淳一, 磯貝 宜広, 石原 慎一, 辻 収彦, 藤田 順之, 八木 満, 渡辺 航太, 細金 直文, 二宮 研, 中村 雅也, 松本 守雄, 石井 賢, 名越 慈人
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)9巻3号 Page569(2018.03)
    論文種類:会議録
  41. 頸椎椎間板高の狭小化は安定性に寄与しにくい 頸椎すべり症101例の検討
    Author:青山 龍馬(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 白石 建, 二宮 研, 海苔 聡, 鈴木 悟士, 穴澤 卯圭, 堀田 拓, 加藤 匡裕, 山根 淳一, 北村 和也
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)9巻3号 Page560(2018.03)
    論文種類:会議録
  42. 筋温存型選択的頸椎椎弓切除術後の下位頸椎の後彎変化は上位頸椎の前彎変化により代償され全頸椎アライメントが保持される
    Author:海苔 聡(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 白石 建, 青山 龍馬, 二宮 研, 山根 淳一, 北村 和也, 上田 誠司
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)9巻3号 Page295(2018.03)
    論文種類:会議録
  43. 椎弓形成術 アップデート 椎弓の切除幅を制限した選択的頸椎椎弓切除術は頸椎椎弓形成術特有の問題を回避し得る
    Author:白石 建(白石脊椎クリニック), 青山 龍馬, 二宮 研, 海苔 聡, 上田 誠司, 山根 淳一, 北村 和也, 鈴木 悟士
    Source:臨床整形外科(0557-0433)53巻8号 Page675-684(2018.08)
    論文種類:解説
  44. 超音波とCTとのimage fusionを用い、腫瘍切除および焼灼を行なった大腿骨類骨骨腫の1例
    Author:渡部 逸央(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 山添 真治, 大谷 慎也, 二宮 研, 青山 龍馬, 越智 健介, 堀田 拓, 穴澤 卯圭
    Source:関東整形災害外科学会雑誌(0389-7087)49巻臨増号外 Page221(2018.03)
    論文種類:会議録/症例報告
  45. 人工骨頭を用いた大腿骨全置換術後に脱臼を生じ、制御型人工股関節で再建を行った大腿骨軟骨肉腫の1例
    Author:穴澤 卯圭(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 渡部 逸央, 堀田 拓, 越智 健介, 青山 龍馬, 二宮 研, 水野 早希子, 鈴木 悟士, 前田 祥宏
    Source:日本人工関節学会誌(1345-7608)47巻 Page681-682(2017.12)
    論文種類:原著論文/症例報告
  46. 手術手技 転移性脊椎腫瘍に対する新たな低侵襲手術 経椎弓根的腫瘍内切除による神経除圧の有用性
    Author:穴澤 卯圭(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 渡部 逸央, 青山 龍馬, 二宮 研, 鈴木 悟士, 堀田 拓, 白石 建
    Source:臨床整形外科(0557-0433)53巻1号 Page51-57(2018.01)
    論文種類:原著論文/症例報告
  47. 有限要素法およびヒト腰椎を用いた腰椎手術におけるスクリュー固定性の解析 Cortical Bone Trajectoryと従来法の比較検討
    Author:二宮 研(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 穴澤 卯圭, 堀田 拓, 渡部 逸央, 水野 早希子, Thang Do Manh, 松永 智
    Source:臨床バイオメカニクス(1884-5274)38巻 Page219-222(2017.10)
    論文種類:原著論文
  48. ポリオ麻痺後の低形成を伴う大腿骨転子部骨折の骨癒合不全例に対し、テリパラチド連日製剤を投与し骨癒合が得られた1例
    Author:松本 將吾(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 穴澤 卯圭, 渡部 逸央, 越智 健介, 青山 龍馬, 二宮 研, 水野 早季子, 鈴木 悟士, 吉田 勇樹, 堀田 拓
    Source:東日本整形災害外科学会雑誌(1342-7784)29巻3号 Page357(2017.08)
    論文種類:会議録/症例報告
  49. 第5腰椎椎弓発生の類骨骨腫に対し、顕微鏡下掻爬、自家骨移植を行い早期にスポーツ復帰した15歳バスケットボール選手の1例
    Author:松本 將吾(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 穴澤 卯圭, 二宮 研, 渡部 逸央, 堀田 拓, 越智 健介, 青山 龍馬, 水野 早季子, 鈴木 悟士, 吉田 勇樹
    Source:東日本整形災害外科学会雑誌(1342-7784)29巻3号 Page327(2017.08)
    論文種類:会議録/症例報告
  50. 腰椎固定術後再手術施行の危険因子の検討 多施設後ろ向き研究
    Author:日方 智宏(北里大学北里研究所病院), 藤井 武, 石原 慎一, 小林 喜臣, 高橋 洋平, 蔵本 哲也, 許斐 恒彦, 塩野 雄太, 高橋 勇一朗, 船尾 陽生, 岡田 英次朗, 金子 康仁, 二宮 研, 篠崎 義雄, 藤田 順之, 金子 慎二郎, 八木 満, 細金 直文, 福田 健太郎, 辻 崇, 石川 雅之, 河野 仁, 渡辺 航太, 中村 雅也, 松本 守雄, 石井 賢, Keio Spine Research Group(KSRG)
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)8巻3号 Page762(2017.03)
    論文種類:会議録
  51. 頸椎選択的椎弓切除術後に硬膜管は経時的に拡大する
    Author:青山 龍馬(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 白石 建, 二宮 研, 海苔 聡, 鈴木 悟士, 穴澤 卯圭, 堀田 拓, 上田 誠司, 山根 淳一, 北村 和也
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)8巻3号 Page672(2017.03)
    論文種類:会議録
  52. 頸椎症性脊髄症に対する後方除圧術の治療成績 ASA分類による比較検討
    Author:船尾 陽生(川崎市立川崎病院 整形外科), 山根 淳一, 名越 慈人, 磯貝 宜広, 石原 慎一, 辻 収彦, 藤田 順之, 八木 満, 渡辺 航太, 細金 直文, 二宮 研, 中村 雅也, 松本 守雄, 石井 賢, KSRGメンバー
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)8巻3号 Page670(2017.03)
    論文種類:会議録
  53. 頸椎後縦靱帯骨化症に対する後方除圧術の術式別治療成績の検討
    Author:小林 喜臣(静岡赤十字病院 整形外科), 山根 淳一, 名越 慈人, 西村 空也, 辻 収彦, 二宮 研, 藤田 順之, 八木 満, 渡辺 航太, 池上 健, 岡田 英次朗, 中村 雅也, 松本 守雄, 石井 賢, KSRGメンバー
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)8巻3号 Page538(2017.03)
    論文種類:会議録
  54. 頸椎後方除圧術を行った前方すべりを伴う頸椎症性脊髄症の臨床的および画像的検討 867例の多施設後ろ向き研究
    Author:二宮 研(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 山根 淳一, 名越 慈人, 青山 龍馬, 鈴木 悟士, 塩野 雄太, 高橋 勇一郎, 藤田 順之, 八木 満, 渡辺 航太, 伊賀 隆史, 中村 雅也, 松本 守雄, 石井 賢, KSRGメンバー
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)8巻3号 Page525(2017.03)
    論文種類:会議録
  55. 頸椎側彎の画像的意義 後方除圧術を施行した258例の後ろ向き研究
    Author:二宮 研(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 青山 龍馬, 鈴木 悟士, 白石 建, 穴澤 卯圭, 堀田 拓, 山根 淳一, 海苔 聡, 北村 和也, 上田 誠司
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)8巻3号 Page523(2017.03)
    論文種類:会議録
  56. 低侵襲腰椎固定術の有用性の検討 従来のOPEN手技との比較
    Author:日方 智宏(北里大学北里研究所病院), 藤井 武, 石原 慎一, 小林 喜臣, 高橋 洋平, 蔵本 哲也, 許斐 恒彦, 塩野 雄太, 高橋 勇一朗, 船尾 陽生, 岡田 英次朗, 金子 康仁, 二宮 研, 篠崎 義雄, 藤田 順之, 金子 慎二郎, 八木 満, 細金 直文, 福田 健太郎, 辻 崇, 石川 雅之, 河野 仁, 渡辺 航太, 中村 雅也, 松本 守雄, 石井 賢, Keio Spine Research Group(KSRG)
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)8巻3号 Page499(2017.03)
    論文種類:会議録
  57. 肥満が頸髄症手術に与える影響についての検討
    Author:石原 慎一(国際医療福祉大学附属三田病院 脊椎脊髄センター), 石井 賢, 名越 慈人, 山根 淳一, 二宮 研, 加藤 正二郎, 辻 収彦, 藤田 順之, 八木 満, 渡辺 航太, 福田 健太郎, 船尾 陽生, 中村 雅也, 松本 守雄, KSRGメンバー
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)8巻3号 Page230(2017.03)
    論文種類:会議録
  58. 頸椎側彎の意義
    Author:二宮 研(東京歯科大学市川総合病院), 白石 建, 青山 龍馬, 鈴木 悟士, 穴澤 卯圭, 堀田 拓, 渡部 逸央, 越智 健介, 山根 淳一, 北村 和也, 上田 誠司
    Source:日本整形外科学会雑誌(0021-5325)91巻3号 Page S1101(2017.03)
    論文種類:会議録
  59. 骨修飾薬の介入を行った転移性脊椎腫瘍に対する有限要素法による経時的骨強度評価
    Author:渡部 逸央(東京歯科大学市川総合病院 整形), 穴澤 卯圭, 高石 官成, 寺島 毅, 青山 龍馬, 二宮 研, 堀田 拓
    Source:日本整形外科学会雑誌(0021-5325)91巻2号 Page S261(2017.03)
    論文種類:会議録
  60. 【整形外科治療スキルアップ22】選択的椎弓切除術のスキルアップ
    Author:青山 龍馬(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 二宮 研, 鈴木 悟士, 白石 建
    Source:Orthopaedics(0914-8124)30巻5号 Page133-140(2017.05)
    論文種類:解説/特集
  61. 転移性脊椎腫瘍に対する経椎弓的腫瘍内除圧術の治療経験
    Author:穴澤 卯圭(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 渡部 逸央, 二宮 研, 高松 広周, 青山 龍馬, 堀田 拓, 鈴木 悟士
    Source:関東整形災害外科学会雑誌(0389-7087)48巻臨増号外 Page131(2017.03)
    論文種類:会議録
  62. 【C5麻痺の今】除圧幅を厳密に調整した椎弓切除術はC5麻痺発生を減少させる
    Author:海苔 聡(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 青山 龍馬, 二宮 研, 山根 淳一, 北村 和也, 白石 建
    Source:脊椎脊髄ジャーナル(0914-4412)30巻3号 Page215-219(2017.03)
    論文種類:解説/特集
  63. ゾレドロネートの介入を行った転移性脊椎腫瘍に対する有限要素法による経時的骨強度評価
    Author:穴澤 卯圭(東京歯科大学市川総合病院 整形), 渡部 逸央, 高石 官成, 寺島 毅, 青山 龍馬, 二宮 研, 堀田 拓, 白石 建
    Source:日本整形外科学会雑誌(0021-5325)90巻6号 Page S1223(2016.06)
    論文種類:会議録
  64. 転移性脊椎腫瘍に対する低侵襲手術 経椎弓的除圧術を行った2例
    Author:穴澤 卯圭(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 渡部 逸央, 高松 広周, 青山 龍馬, 二宮 研, 鈴木 悟士
    Source:東日本整形災害外科学会雑誌(1342-7784)28巻3号 Page302(2016.08)
    論文種類:会議録/症例報告
  65. ビスフォスフォネートはヒト腰椎椎弓根スクリューの固定性を上昇させるか? 有限要素解析を用いて
    Author:二宮 研(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 白石 建, 青山 龍馬, 海苔 聡, 穴澤 卯圭, 渡部 逸央, 堀田 拓
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)7巻3号 Page741(2016.03)
    論文種類:会議録
  66. 腰椎後方椎体間固定術後に発生する隣接椎間障害の危険因子解析 cortical bone trajectoryは隣接椎間障害を起こすか?
    Author:二宮 研(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 白石 建, 青山 龍馬, 海苔 聡, 穴澤 卯圭, 堀田 拓, 山根 淳一, 北村 和也, 上田 誠司
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)7巻3号 Page736(2016.03)
    論文種類:会議録
  67. 頸椎圧迫性脊髄症に対する選択的椎弓切除術後の成績不良因子の検討
    Author:二宮 研(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 白石 建, 青山 龍馬, 海苔 聡, 穴澤 卯圭, 堀田 拓, 山根 淳一, 北村 和也, 上田 誠司
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)7巻3号 Page528(2016.03)
    論文種類:会議録
  68. Modic type1変性は腰椎椎弓切除術後に発生する化膿性椎間板炎の危険因子である
    Author:二宮 研(東京歯科大学市川総合病院 整形), 藤田 順之, 石井 賢, 細金 直文, 日方 智宏, 渡邉 航太, 金子 慎二郎, 福井 康之, 小柳 貴裕, 中村 雅也, 松本 守雄, Keio Spine Research Group(KSRG)
    Source:日本整形外科学会雑誌(0021-5325)90巻3号 Page S1019(2016.03)
    論文種類:会議録
  69. 【整形外科をめぐる問題】筋温存型頸椎後方手術
    Author:青山 龍馬(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 白石 建, 山根 淳一, 二宮 研, 北村 和也, 海苔 聡
    Source:Medical Photonics21号 Page48-56(2016.01)
    論文種類:解説/特集
  70. Trabecular Metal Acetabular Revision Systemを用いて臼蓋再建を施行した人工股関節再置換術の2例
    Author:堀田 拓(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 穴澤 卯圭, 渡部 逸央, 青山 龍馬, 二宮 研, 海苔 聡, 齊藤 誠人, 伊賀 隆史, 新井 健, 白石 建
    Source:日本人工関節学会誌(1345-7608)45巻 Page591-592(2015.12)
    論文種類:原著論文/症例報告
  71. 関節リウマチの脊椎病変 病態と手術治療 関節リウマチ患者に対する腰椎固定術の手術成績
    Author:辻 崇(北里大学北里研究所病院 整形外科), 松丸 聡, 日方 智宏, 二宮 研, 藤田 順之, 岩波 明生, 渡辺 航太, 中村 雅也, 松本 守雄, 石井 賢, Keio Spine Research Group
    Source:日本関節病学会誌(1883-2873)34巻3号 Page484(2015.10)
    論文種類:会議録
  72. 有限要素法およびヒト腰椎を用いた腰椎手術におけるスクリュー固定性の解析 Cortical Bone Trajectoryと従来法の比較検討
    Author:二宮 研(東京歯科大学市川総合病院 整外科), 白石 建, 青山 龍馬, 海苔 聡, 穴澤 卯圭, 新井 健, 堀田 拓, 渡部 逸央, 阿部 伸一, 松永 智, 吉成 正雄
    Source:歯科学報(0037-3710)115巻5号 Page475(2015.10)
  73. 関節リウマチ患者に対する腰椎固定術の手術成績
    Author:松丸 聡(慶応義塾大学 整形外科), 日方 智明, 岩波 明生, 中村 雅也, 松本 守雄, 渡辺 航太, 二宮 研, Keio Spine Research Group
    Source:関東整形災害外科学会雑誌(0389-7087)46巻5号 Page292(2015.10)
    論文種類:会議録
  74. 頸髄症206例に対する選択的椎弓切除術/形成術後のC5麻痺についての検討
    Author:海苔 聡(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 白石 建, 青山 龍馬, 二宮 研, 山根 淳一, 北村 和也
    Source:日本整形外科学会雑誌(0021-5325)89巻3号 Page S976(2015.03)
    論文種類:会議録
  75. 術中透視を用いないcortical bone trajectory(CBT)法による椎弓根スクリュー挿入の検討
    Author:二宮 研(東京歯科大学市川総合病院), 白石 建, 青山 龍馬, 海苔 聡, 上田 誠司
    Source:日本整形外科学会雑誌(0021-5325)89巻3号 Page S948(2015.03)
    論文種類:会議録
  76. 【各種頸椎低侵襲手術の限界と適応】筋温存型頸椎後方固定術
    Author:青山 龍馬(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 白石 建, 山根 淳一, 二宮 研, 北村 和也, 海苔 聡
    Source:脊椎脊髄ジャーナル(0914-4412)28巻9号 Page819-827(2015.09)
    論文種類:解説/特集
  77. 筋温存型傍正中アプローチを使用した頸椎椎間孔拡大術の中期成績
    Author:青山 龍馬(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 白石 建, 山根 淳一, 二宮 研, 北村 和也, 海苔 聡
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)6巻7号 Page1123-1126(2015.07)
    論文種類:原著論文
  78. 術中透視を使用せずにCBTスクリューを挿入するための工夫とその精度
    Author:上田 誠司(済生会横浜市南部病院 整形外科), 白石 建, 青山 龍馬, 二宮 研, 海苔 聡, 北村 和也
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)6巻3号 Page695(2015.03)
    論文種類:会議録
  79. 頸椎すべり症の特徴 すべり症101名のCT、単純X線解析
    Author:青山 龍馬(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 白石 建, 山根 淳一, 二宮 研, 海苔 聡, 伊賀 隆史, 穴澤 卯圭, 堀田 拓, 北村 和也, 加藤 匡裕
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)6巻3号 Page687(2015.03)
    論文種類:会議録
  80. 椎間板変性と関連する画像因子は何か? 健常者100名のMRI、単純X線解析
    Author:伊賀 隆史(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 白石 建, 青山 龍馬, 海苔 聡, 山根 淳一, 二宮 研, 穴澤 卯圭, 堀田 拓, 北村 和也, 加藤 匡裕
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)6巻3号 Page686(2015.03)
    論文種類:会議録
  81. CBT法にて単椎間および2椎間PLIFを施行した症例の従来法との比較検討
    Author:二宮 研(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 白石 建, 青山 龍馬, 海苔 聡, 穴澤 卯圭, 堀田 拓, 上田 誠司
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)6巻3号 Page634(2015.03)
    論文種類:会議録
  82. Inter-muscular planeに沿って進入する新しい頸椎後方アプローチとその応用
    Author:白石 建(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 上田 誠司, 青山 龍馬, 山根 淳一, 二宮 研, 北村 和也, 海苔 聡, 谷戸 祥之
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)6巻3号 Page407(2015.03)
    論文種類:会議録
  83. 頸椎後方筋群の損傷は術後早期頸部痛の回復を遅延化する 頸椎後方筋群への侵襲量と頸椎術後早期頸部痛の関係
    Author:青山 龍馬(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 白石 建, 山根 淳一, 二宮 研, 海苔 聡, 伊賀 隆史, 穴澤 卯圭, 堀田 拓, 北村 和也
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)6巻3号 Page262(2015.03)
    論文種類:会議録
  84. 頸髄症206例に対する選択的椎弓切除術/形成術後のC5麻痺についての検討
    Author:海苔 聡(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 白石 建, 青山 龍馬, 二宮 研, 山根 淳一, 北村 和也
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)6巻3号 Page259(2015.03)
    論文種類:会議録
  85. 筋温存型傍正中アプローチを使用した椎間孔拡大術の中期成績
    Author:青山 龍馬(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 白石 建, 山根 淳一, 二宮 研, 海苔 聡, 伊賀 隆史, 穴澤 卯圭, 堀田 拓, 北村 和也
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)6巻3号 Page257(2015.03)
    論文種類:会議録
  86. 健常者の頸椎脊柱管狭窄の特徴 健常者100名の動態MRI、単純X線解析
    Author:青山 龍馬(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 白石 建, 山根 淳一, 二宮 研, 海苔 聡, 北村 和也, 加藤 匡裕, 穴澤 卯圭, 堀田 拓, 渡部 逸央, 新井 健
    Source:日本整形外科学会雑誌(0021-5325)89巻2号 Page S118(2015.03)
    論文種類:会議録
  87. 【最小侵襲脊椎安定術(MISt)の実際】Cortical bone trajectory法(CBT)の最新知見
    Author:二宮 研(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 白石 建, 青山 龍馬, 海苔 聡, 上田 誠司
    Source:脊椎脊髄ジャーナル(0914-4412)28巻5号 Page475-483(2015.05)
    論文種類:解説/特集
  88. 【胸腰仙椎後方instrumentationの進歩】Cortical bone trajectory(CBT)
    Author:二宮 研(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 白石 建, 青山 龍馬, 海苔 聡, 上田 誠司
    Source:脊椎脊髄ジャーナル(0914-4412)27巻10号 Page890-896(2014.10)
    論文種類:解説/特集
  89. 頸髄症を呈した骨軟骨腫の1例
    Author:沖松 翔(東京歯科大学市川総合病院), 二宮 研, 青山 龍馬, 海苔 聡, 白石 建, 穴澤 卯圭, 堀田 拓
    Source:東日本整形災害外科学会雑誌(1342-7784)26巻3号 Page291(2014.08)
    論文種類:会議録/症例報告
  90. インサートの破損から反復性脱臼に移行したと思われる人工膝関節置換術後後方脱臼の1例
    Author:堀田 拓(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 穴澤 卯圭, 青山 龍馬, 二宮 研, 海苔 聡, 大久保 寿樹, 関田 哲也, 新井 健, 白石 建
    Source:JOSKAS(1884-8842)39巻4号 Page450(2014.07)
    論文種類:会議録/症例報告
  91. C6/7椎間腔狭小化は頸椎可動域制限の主因である 健常者100名の単純X線およびMRIの検討
    Author:大久保 寿樹(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 白石 建, 青山 龍馬, 山根 淳一, 二宮 研, 海苔 聡
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)5巻7号 Page1133-1136(2014.07)
    論文種類:原著論文/比較研究
  92. 頸椎椎間板ヘルニアに対する選択的椎弓切除術の成績
    Author:青山 龍馬(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 白石 建, 山根 淳一, 二宮 研, 北村 和也, 海苔 聡
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)5巻7号 Page1128-1132(2014.07)
    論文種類:原著論文/比較研究
  93. THA脱臼 人工股関節脱臼に骨頭の脱転をともなった1例
    Author:堀田 拓(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 穴澤 卯圭, 新井 健, 青山 龍馬, 山根 淳一, 二宮 研, 加藤 敦史, 大久保 寿樹, 白石 建
    Source:日本人工関節学会誌(1345-7608)43巻 Page641-642(2013.12)
    論文種類:原著論文/症例報告
  94. 健常者の頸椎脊柱管狭窄の特徴 健常者100名の動態MRI、単純X線解析
    Author:青山 龍馬(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 白石 建, 山根 淳一, 二宮 研, 北村 和也, 海苔 聡, 穴澤 卯圭, 堀田 拓, 加藤 匡裕
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)5巻3号 Page686(2014.03)
    論文種類:会議録
  95. C6/7椎間腔狭小化は頸椎可動域制限の主因である 健常者100名の単純X線およびMRIの検討
    Author:大久保 寿樹(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 白石 建, 青山 龍馬, 二宮 研, 海苔 聡
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)5巻3号 Page546(2014.03)
    論文種類:会議録
  96. 術中透視を用いないCortical Bone Trajectory(CBT)法による椎弓根スクリュー挿入の検討
    Author:二宮 研(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 白石 建, 青山 龍馬, 海苔 聡, 大久保 寿樹, 山根 淳一, 上田 誠司
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)5巻3号 Page293(2014.03)
    論文種類:会議録
  97. 有限要素法を用いたCBT法と従来法による椎弓根スクリューの強度の比較検討
    Author:二宮 研(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 白石 建, 青山 龍馬, 海苔 聡, 大久保 寿樹, 山根 淳一, 上田 誠司
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)5巻3号 Page201(2014.03)
    論文種類:会議録
  98. 頸椎後縦靱帯骨化症に対する選択的椎弓切除術の治療成績
    Author:二宮 研(東京歯科大学市川総合病院 整形), 白石 建, 青山 龍馬, 海苔 聡, 山根 淳一, 北村 和也, 上田 誠司
    Source:日本整形外科学会雑誌(0021-5325)88巻3号 Page S766(2014.03)
    論文種類:会議録
  99. 筋温存型CBT-PLIF
    Author:青山 龍馬(東京歯科大学市川総合病院 整形), 白石 建, 上田 誠司, 山根 淳一, 二宮 研, 海苔 聡, 穴澤 卯圭, 堀田 拓, 新井 健
    Source:日本整形外科学会雑誌(0021-5325)88巻3号 Page S753(2014.03)
    論文種類:会議録
  100. 筋温存型頸椎固定術 TEMPEST(technique for muscle preserving stabilization)
    Author:青山 龍馬(東京歯科大学市川総合病院 整形), 白石 建, 山根 淳一, 二宮 研, 北村 和也, 海苔 聡, 穴澤 卯圭, 堀田 拓, 新井 健
    Source:日本整形外科学会雑誌(0021-5325)88巻3号 Page S750(2014.03)
    論文種類:会議録
  101. 脊椎インストゥルメンテーション手術における種々の工夫 Cortical bone trajectory(CBT)screwを用いた腰椎後方椎体間固定術 後方筋群へのさらなる低侵襲化を目指して
    Author:白石 建(東京歯科大学市川総合病院), 青山 龍馬, 二宮 研, 海苔 聡, 上田 誠司, 山根 淳一, 北村 和也
    Source:日本整形外科学会雑誌(0021-5325)88巻2号 Page S444(2014.03)
    論文種類:会議録
  102. 【頸部脊髄症の診療】頸部脊髄症に対する低侵襲手術 選択的椎弓切除術(selective laminectomy)
    Author:二宮 研(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 白石 建
    Source:Orthopaedics(0914-8124)27巻2号 Page63-70(2014.02)
    論文種類:解説/特集
  103. フリーハンドテクニックによるCBTスクリュー挿入時の工夫と解剖学的検討
    Author:加藤 敦史(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 青山 龍馬, 白石 建, 山根 淳一, 二宮 研, 穴澤 卯圭
    Source:日本脊髄障害医学会雑誌(1348-3242)26巻1号 Page126-127(2013.05)
    論文種類:解説
  104. 【頸椎椎弓形成術の過去・現在・未来】選択的椎弓切除術の成績と最近の工夫
    Author:青山 龍馬(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 白石 建, 加藤 匡裕, 山根 淳一, 二宮 研, 海苔 聡
    Source:脊椎脊髄ジャーナル(0914-4412)26巻11号 Page1067-1072(2013.11)
    論文種類:解説/特集
  105. 筋温存型CBT-PLIFと従来のPLIFとの比較
    Author:青山 龍馬(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 白石 建, 上田 誠司, 山根 淳一, 二宮 研
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)4巻7号 Page1171-1173(2013.07)
    論文種類:原著論文/比較研究
  106. 手術手技/私のくふう 低侵襲頸椎後方固定術-TEMPEST(TEchnique for Muscle-PrEserving STabilization)
    Author:青山 龍馬(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 白石 建, 山根 淳一, 二宮 研, 北村 和也
    Source:臨床整形外科(0557-0433)48巻11号 Page1095-1099(2013.11)
    論文種類:解説
  107. 脊椎最小侵襲手術の実際 筋温存型頸椎手術
    Author:青山 龍馬(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 白石 建, 山根 淳一, 二宮 研, 北村 和也, 海苔 聡, 大久保 寿樹, 穴澤 卯圭, 堀田 拓, 新井 健
    Source:東日本整形災害外科学会雑誌(1342-7784)25巻3号 Page341(2013.08)
    論文種類:会議録
  108. 第9胸椎骨腫瘍の1例
    Author:関田 哲也(東京歯科大学市川総合病院 整形), 穴澤 卯圭, 堀田 拓, 青山 龍馬, 山根 淳一, 二宮 研, 弘實 透, 加藤 敦史, 大久保 寿樹, 宮内 潤, 山口 岳彦, 白石 建
    Source:日本整形外科学会雑誌(0021-5325)87巻6号 Page S1088(2013.06)
    論文種類:会議録/症例報告
  109. 小児に生じた距骨外側突起骨折の1例
    Author:金子 陽介(川崎市立川崎病院 整形外科), 小柳 貴裕, 森重 雄太郎, 大久保 匡, 谷川 英徳, 二宮 研, 原藤 健吾, 中道 憲明, 堀内 行雄
    Source:神奈川整形災害外科研究会雑誌(1348-043X)25巻5号 Page193-195(2013.03)
    論文種類:原著論文/症例報告
  110. 【脊椎脊髄の解剖と疾患】(第1章)画像および術中解剖アトラス 頸椎・頸髄 筋肉を温存した頸椎後方進入法
    Author:青山 龍馬(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 白石 建, 山根 淳一, 二宮 研, 北村 和也
    Source:脊椎脊髄ジャーナル(0914-4412)26巻4号 Page279-285(2013.04)
    論文種類:解説/特集
  111. CBT法を使用した筋温存型PLIF
    Author:青山 龍馬(東京歯科大学市川総合病院 整形), 白石 建, 上田 誠司, 加藤 匡裕, 山根 淳一, 二宮 研, 北村 和也, 穴澤 卯圭, 堀田 拓, 新井 健
    Source:日本整形外科学会雑誌(0021-5325)87巻3号 Page S757(2013.03)
    論文種類:会議録
  112. 後彎を有する頸椎症性脊髄症に対する選択的椎弓形成術の治療成績
    Author:二宮 研(東京歯科大学市川総合病院 整形), 白石 建, 青山 龍馬, 山根 淳一, 穴澤 卯圭, 堀田 拓, 北村 和也, 加藤 匡裕
    Source:日本整形外科学会雑誌(0021-5325)87巻3号 Page S752(2013.03)
    論文種類:会議録
  113. 筋温存型Cortical Bone Trajectory PLIF
    Author:青山 龍馬(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 白石 建, 上田 誠司, 山根 淳一, 二宮 研, 穴澤 卯圭, 堀田 拓
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)4巻3号 Page736(2013.03)
    論文種類:会議録
  114. 頸髄腫瘍に対する筋肉温存式展開法および後弓再建術 砂時計腫に対する新しい脊柱管拡大方法
    Author:北村 和也(平塚市民病院 整形外科), 白石 建, 青山 龍馬, 山根 淳一, 二宮 研
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)4巻3号 Page696(2013.03)
    論文種類:会議録
  115. 腰椎椎間板ヘルニア患者における頸椎椎間板変性 健常人ボランティアとのMRI所見の比較
    Author:岡田 英次朗(慶応義塾大学 整形外科), 松本 守雄, 市原 大輔, 戸山 芳昭, 藤原 広和, 百島 祐貴, 西脇 祐司, 二宮 研, 高畑 武司
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)4巻3号 Page665(2013.03)
    論文種類:会議録
  116. 頸椎椎間板ヘルニアに対する選択的椎弓形成術の成績
    Author:青山 龍馬(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 白石 建, 山根 淳一, 二宮 研, 北村 和也, 穴澤 卯圭, 堀田 拓
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)4巻3号 Page641(2013.03)
    論文種類:会議録
  117. 筋温存型頸椎固定術 TEMPEST(TEchnique for Muscle PrEserving STabilization)
    Author:青山 龍馬(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 白石 建, 山根 淳一, 二宮 研, 北村 和也, 穴澤 卯圭, 堀田 拓
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)4巻3号 Page602(2013.03)
    論文種類:会議録
  118. 頸椎後縦靱帯骨化症に対する選択的椎弓切除術の治療成績
    Author:二宮 研(東京歯科大学市川総合病院), 白石 建, 青山 龍馬, 山根 淳一, 穴澤 卯圭, 堀田 拓, 北村 和也, 上田 誠司
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)4巻3号 Page598(2013.03)
    論文種類:会議録
  119. 脊椎手術手技の実際 頸髄腫瘍に対する骨およびその付着筋の完全還納式椎弓形成術
    Author:白石 建(東京歯科大学市川総合病院 整形), 北村 和也, 青山 龍馬, 山根 淳一, 二宮 研
    Source:日本整形外科学会雑誌(0021-5325)87巻2号 Page S131(2013.03)
    論文種類:会議録
  120. 高位脱臼 大腿骨転子下骨切り術を併用した人工股関節置換術3例の検討 主に骨癒合に関して
    Author:堀田 拓(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 穴澤 卯圭, 新井 健, 青山 龍馬, 山根 淳一, 二宮 研, 水野 早希子, 弘實 透, 白石 建
    Source:日本人工関節学会誌(1345-7608)42巻 Page753-754(2012.12)
    論文種類:原著論文/症例報告
  121. 【筋温存型脊椎手術の現状】選択的椎弓切除術 Skip laminectomyを含む
    Author:青山 龍馬(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 白石 建, 山根 淳一, 二宮 研, 上田 誠司, 北村 和也
    Source:整形・災害外科(0387-4095)56巻3号 Page219-224(2013.03)
    論文種類:解説/特集
  122. 項靱帯が付着するC7またはC6の温存は術後の項背部痛予防やアライメント維持に有効なのか? 頸椎選択的椎弓形成術における温存群と非温存群の比較
    Author:青山 龍馬(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 白石 建, 加藤 匡裕, 山根 淳一, 二宮 研, 北村 和也133
  123. 新しい医療技術 Cortical bone trajectory(CBT) screwを用いた腰椎後方椎体間固定術 後方筋群へのさらなる低侵襲化を目指して
    Author:白石 建(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 青山 龍馬, 山根 淳一, 二宮 研, 上田 誠司, 加藤 匡裕
    Source:整形・災害外科(0387-4095)56巻1号 Page69-75(2013.01)
    論文種類:解説
  124. ゾレドロン酸投与後に大腿骨骨頭骨折を生じた乳癌骨転移の1例
    Author:穴澤 卯圭(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 弘實 透, 水野 早希子, 堀田 拓, 山根 淳一, 二宮 研, 白石 建, 新井 健
    Source:関東整形災害外科学会雑誌(0389-7087)43巻4号 Page321(2012.08)
    論文種類:会議録/症例報告
  125. 下腿前方コンパートメントにできたcalcific myonecrosisの1例
    Author:弘實 透(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 穴澤 卯圭, 堀田 拓, 山根 淳一, 二宮 研, 水野 早希子, 白石 建
    Source:関東整形災害外科学会雑誌(0389-7087)43巻4号 Page289(2012.08)
    論文種類:会議録/症例報告
  126. 極めて稀な手指に発生した脂肪肉腫の1例
    Author:水野 早希子(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 穴澤 卯圭, 堀田 拓, 二宮 研, 山根 淳一, 弘實 透, 白石 建
    Source:関東整形災害外科学会雑誌(0389-7087)43巻4号 Page288(2012.08)
    論文種類:会議録/症例報告
  127. アキレス腱骨化症の2例
    Author:二宮 研(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 穴澤 卯圭, 白石 建, 新井 健, 堀田 拓, 山根 淳一, 水野 早希子, 弘實 透
    Source:関東整形災害外科学会雑誌(0389-7087)43巻4号 Page284-285(2012.08)
    論文種類:会議録/症例報告
  128. 頸椎の前後屈に伴う脊髄横断面積の変化 健常者78名の動態MRI解析
    Author:青山 龍馬(東京歯科大学市川総合病院 整形), 白石 建, 山根 淳一, 二宮 研, 新井 健, 穴澤 卯圭, 堀田 拓, 加藤 匡裕, 北村 和也
    Source:日本整形外科学会雑誌(0021-5325)86巻3号 Page S597(2012.03)
    論文種類:会議録
  129. 脊椎低侵襲手術の現状と展望 筋間から進入する新しい頸椎後方アプローチとその応用
    Author:白石 建(東京歯科大学市川総合病院 整形), 青山 龍馬, 山根 淳一, 二宮 研, 谷戸 祥之, 上田 誠司, 加藤 匡裕, 北村 和也, 穴澤 卯圭, 堀田 拓, 新井 健
    Source:日本整形外科学会雑誌(0021-5325)86巻3号 Page S417(2012.03)
    論文種類:会議録
  130. 後彎を有する頸椎症性脊髄症に対する選択的椎弓形成術の治療成績
    Author:二宮 研(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 白石 建, 青山 龍馬, 山根 淳一, 加藤 匡裕, 北村 和也, 穴澤 卯生, 堀田 拓
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)3巻3号 Page324(2012.03)
    論文種類:会議録
  131. 頸椎の前後屈に伴う脊髄横断面積の変化 健常者78名の動態MRI解析
    Author:青山 龍馬(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 白石 建, 山根 淳一, 二宮 研, 穴澤 卯圭, 堀田 拓, 加藤 匡裕, 北村 和也
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)3巻3号 Page265(2012.03)
    論文種類:会議録
  132. 腰椎後方椎体間固定術の低侵襲化を目指して cortical bone trajectoryの手技と有用性について
    Author:白石 建(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 青山 龍馬, 谷戸 祥之, 山根 淳一, 二宮 研, 上田 誠司, 加藤 匡裕, 北村 和也
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)3巻3号 Page219(2012.03)
    論文種類:会議録
  133. 経皮的椎弓根スクリューシステムを用いた後方固定を前方固定に併用した結核性脊椎炎の1例
    Author:二宮 研(川崎市立川崎病院 整形外科), 小柳 貴裕, 森末 光, 金子 康仁, 堀内 行雄
    Source:神奈川整形災害外科研究会雑誌(1348-043X)24巻3号 Page99-102(2011.11)
    論文種類:原著論文/症例報告
  134. ゾレドロン酸投与後に大腿骨骨頭骨折を生じた乳癌骨転移の1例
    Author:穴澤 卯圭(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 弘實 透, 水野 早希子, 堀田 拓, 青山 龍馬, 山根 淳一, 二宮 研, 新井 健, 白石 建
    Source:関東整形災害外科学会雑誌(0389-7087)43巻臨増号外 Page157(2012.03)
    論文種類:会議録/症例報告
  135. 下腿前方コンパートメントに出来たCalcific myonecrosisの一例
    Author:弘實 透(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 穴澤 卯圭, 堀田 拓, 青山 龍馬, 山根 淳一, 二宮 研, 水野 早希子, 橋口 明典, 白石 建
    Source:関東整形災害外科学会雑誌(0389-7087)43巻臨増号外 Page87(2012.03)
    論文種類:会議録/症例報告
  136. きわめてまれな手指に発生した脂肪肉腫の1例
    Author:水野 早希子(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 穴澤 卯圭, 堀田 拓, 青山 龍馬, 二宮 研, 山根 淳一, 弘實 透, 宮内 潤, 白石 建
    Source:関東整形災害外科学会雑誌(0389-7087)43巻臨増号外 Page86(2012.03)
    論文種類:会議録/症例報告
  137. アキレス腱骨化症の2例
    Author:二宮 研(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 穴澤 卯圭, 白石 建, 新井 健, 堀田 拓, 青山 龍馬, 山根 淳一, 水野 早希子, 弘實 透
    Source:関東整形災害外科学会雑誌(0389-7087)43巻臨増号外 Page79(2012.03)
    論文種類:会議録/症例報告
  138. 経皮的椎弓根スクリューを用いた後方固定を前方固定に併用した結核性脊椎炎の1例
    Author:二宮 研(川崎市立川崎病院 整形外科), 小柳 貴裕, 森末 光, 金子 康仁, 堀内 行雄
    Source:神奈川医学会雑誌(0285-0680)38巻2号 Page244(2011.07)
    論文種類:会議録/症例報告
  139. 脊椎MIS Modic変性を伴った腰椎椎間板症に対するMIS-TLIFの臨床成績
    Author:金子 康仁(川崎市立川崎病院 整形外科), 石井 賢, 船尾 陽生, 二宮 研, 森末 光, 小柳 貴裕, 細金 直文, 渡辺 航太, 辻 崇, 中村 雅也, 戸山 芳昭, 千葉 一裕, 松本 守雄
    Source:日本最小侵襲整形外科学会誌(1348-6098)11巻1号 Page94(2011.11)
    論文種類:会議録
  140. 新しい手技と工夫 腰椎椎間孔内病変に対する円柱形レトラクターを用いた対側侵入法
    Author:森末 光(川崎市立川崎病院 整形外科), 松本 守雄, 二宮 研, 金子 康仁, 小柳 貴裕, 堀内 行雄, Lieberman Isador, Shedid Daniel
    Source:日本最小侵襲整形外科学会誌(1348-6098)11巻1号 Page84(2011.11)
    論文種類:会議録
  141. 大腿の皮下気腫を伴った膀胱上窩ヘルニア嵌頓・小腸穿孔の1例
    Author:藤塚 健次(川崎市立川崎病院 救命救急センター救急科), 齋藤 豊, 大城 健一, 高橋 俊介, 郷内 志朗, 伊藤 壮一, 二宮 研, 市東 昌也, 田熊 清継
    Source:日本救急医学会関東地方会雑誌(0287-301X)32巻 Page138-139(2011.12)
    論文種類:会議録/症例報告
  142. 【理由がわかる!整形外科のNGケアとOKケア】頸椎術後のNGケアとOKケア
    Author:二宮 研(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 白石 建
    Source:整形外科看護(1342-4718)17巻1号 Page24-29(2012.01)
    論文種類:解説/特集
  143. 2椎間病変に対する頸椎前方固定術と頸椎椎弓形成術との比較検討
    Author:二宮 研(川崎市立川崎病院 整形外科), 小柳 貴裕, 森末 光, 金子 康仁, 堀内 行雄
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)2巻3号 Page577(2011.03)
    論文種類:会議録
  144. 脊椎転移による溶骨性脊椎圧迫骨折に対するKyphoplastyの治療成績 術後早期再骨折を中心に
    Author:森末 光(川崎市立川崎病院 整形外科), 小柳 貴裕, 二宮 研, 金子 康仁, 堀内 行雄, イサドア・リーバーマン
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)2巻3号 Page546(2011.03)
    論文種類:会議録
  145. 腰椎変性側彎症の自然経過 X線所見と下肢痛との関連
    Author:岡田 英次朗(慶応義塾大学 整形外科), 松本 守雄, 渡辺 航太, 千葉 一裕, 戸山 芳昭, 金子 康仁, 二宮 研, 堀内 行雄
    Source:Journal of Spine Research(1884-7137)2巻3号 Page466(2011.03)
    論文種類:会議録
  146. 経皮的椎弓根スクリューを用いた後方固定を前方固定に併用した結核性脊椎炎の1例
    Author:二宮 研(川崎市立川崎病院 整形外科), 小柳 貴裕, 森末 光, 金子 康仁, 堀内 行雄
    Source:神奈川整形災害外科研究会雑誌(1348-043X)23巻3号 Page71(2011.03)
    論文種類:会議録/症例報告
  147. 大腿部のガス壊疽が疑われ治療開始となった膀胱上窩ヘルニア嵌頓穿孔の一例
    Author:権守 智(川崎市立川崎病院 救命救急センター救急科), 伊藤 壮一, 齋藤 豊, 大城 健一, 郷内 志朗, 高橋 俊介, 二宮 研, 中島 由紀子, 市東 昌也, 田熊 清継
    Source:日本外科感染症学会雑誌(1349-5755)7巻5号 Page562(2010.10)
    論文種類:会議録/症例報告
  148. びまん性特発性骨増殖症に伴った胸腰椎過伸展損傷の2例
    Author:白澤 英之(川崎市立川崎病院 整形外科), 岡田 英次朗, 二宮 研, 金子 康仁, 山下 太郎, 叶内 平, 長谷川 貴之, 武田 健太郎, 越智 健介, 森田 晃造, 中道 憲明, 木原 未知也, 堀内 行雄
    Source:臨床整形外科(0557-0433)45巻11号 Page1055-1059(2010.11)
    論文種類:原著論文/症例報告
  149. 異所性骨化を伴う肘関節拘縮の一治験例
    Author:山下 太郎(川崎市立川崎病院 整形外科), 森田 晃造, 越智 健介, 叶内 平, 長谷川 貴之, 岡田 英次朗, 二宮 研, 武田 健太郎, 八木 満, 中道 憲明, 木原 未知也, 堀内 行雄
    Source:日本手外科学会雑誌(2185-4092)26巻3号 Page217(2010.05)
    論文種類:会議録/症例報告
  150. 両手指に多発したIdiopathic tumoral calcinosisの1例
    Author:叶内 平(川崎市立川崎病院 整形外科), 越智 健介, 森田 晃造, 山下 太郎, 長谷川 貴之, 岡田 英次朗, 金子 康仁, 二宮 研, 武田 健太郎, 八木 満, 中道 憲明, 木原 未知也, 堀内 行雄
    Source:日本手外科学会雑誌(2185-4092)26巻3号 Page211-212(2010.05)
    論文種類:会議録/症例報告
  151. 全身性特発性骨増殖症に伴った胸腰椎過伸展損傷の1例
    Author:白澤 英之(川崎市立川崎病院 整形外科), 岡田 英次朗, 二宮 研, 八木 満, 山下 太郎, 叶内 平, 長谷川 貴之, 武田 健太郎, 越智 健介, 森田 晃造, 中道 憲明, 木原 未知也, 堀内 行雄
    Source:神奈川医学会雑誌(0285-0680)37巻1号 Page84-85(2010.01)
    論文種類:会議録/症例報告
  152. 橈骨遠位端骨折に対するAptus 2.5 locking plateの使用経験
    Author:森田 晃造(川崎市立川崎病院 整形外科), 堀内 行雄, 木原 未知也, 中道 憲明, 越智 健介, 八木 満, 武田 健太郎, 二宮 研, 岡田 英次朗, 長谷川 貴之, 叶内 平, 山下 太郎
    Source:東日本整形災害外科学会雑誌(1342-7784)21巻3号 Page358(2009.08)
    論文種類:会議録
  153. 腰部脊柱管狭窄症に対する新アプローチによる内視鏡下除圧術の治療成績
    Author:八木 満(川崎市立川崎病院 整形外科), 二宮 研, 岡田 英次朗, 木原 未知也, 堀内 行雄
    Source:東日本整形災害外科学会雑誌(1342-7784)21巻1号 Page110-115(2009.03)
    論文種類:原著論文/ランダム化比較試験
  154. 全身性特発性骨増殖症に伴った胸腰椎過伸展損傷の1例
    Author:白澤 英之(川崎市立川崎病院 整形外科), 岡田 英次朗, 二宮 研, 八木 満, 山下 太郎, 叶内 平, 長谷川 貴之, 武田 健太郎, 越智 健介, 森田 晃造, 中道 憲明, 木原 未知也, 堀内 行雄
    Source:神奈川整形災害外科研究会雑誌(1348-043X)22巻2号 Page31(2009.10)
    論文種類:会議録/症例報告
  155. t-PA投与により症状の増悪した頸椎硬膜外血腫の1例
    Author:岡田 英次朗(川崎市立川崎病院 整形外科), 二宮 研, 木原 未知也, 西村 空也, 長谷川 貴之, 武田 健太郎, 關 美世香, 堀内 行雄
    Source:関東整形災害外科学会雑誌(0389-7087)40巻4号 Page295(2009.08)
    論文種類:会議録/症例報告
  156. 腰部脊柱管狭窄症に対する内視鏡下除圧術の新アプローチの治療成績
    Author:八木 満(川崎市立川崎病院 整形外科), 岡田 英次朗, 二宮 研, 木原 未知也, 堀内 行雄
    Source:関東整形災害外科学会雑誌(0389-7087)40巻4号 Page259(2009.08)
    論文種類:会議録
  157. 腰椎すべり症に対してpedicle screwを用いた腰椎固定術に伴う隣接椎間障害の検討
    Author:二宮 研(川崎市立川崎病院 整形外科), 木原 未知也, 岡田 英次朗, 堀内 行雄
    Source:関東整形災害外科学会雑誌(0389-7087)40巻4号 Page255(2009.08)
    論文種類:会議録
  158. Spondylolisthesis reduction instrumentによる後方経路椎体間固定術を施行した形成不全性脊椎すべり症の1例
    Author:岡田 英次朗(川崎市立川崎病院 整形外科), 八木 満, 二宮 研, 木原 未知也, 叶内 平, 西村 空也, 長谷川 貴之, 武田 健太郎, 越智 健介, 森田 晃造, 關 美世香, 堀内 行雄
    Source:臨床整形外科(0557-0433)44巻6号 Page599-603(2009.06)
    論文種類:原著論文/症例報告
  159. t-PA投与により症状の増悪した頸椎硬膜外血腫の1例
    Author:岡田 英次朗(川崎市立川崎病院 整形外科), 八木 満, 二宮 研, 木原 未知也, 叶内 平, 西村 空也, 森田 晃造, 關 美世香, 堀内 行雄
    Source:関東整形災害外科学会雑誌(0389-7087)40巻臨増号外 Page126(2009.03)
    論文種類:会議録/症例報告
  160. 腰部脊柱管狭窄症に対する内視鏡下除圧術の新アプローチの治療成績
    Author:八木 満(川崎市立川崎病院 整形外科), 岡田 英次朗, 二宮 研, 木原 未知也, 堀内 行雄
    Source:関東整形災害外科学会雑誌(0389-7087)40巻臨増号外 Page62(2009.03)
    論文種類:会議録
  161. 腰椎すべり症に対してpedicle screwを用いた腰椎固定術に伴う隣接椎間障害の検討
    Author:二宮 研(川崎市立川崎病院), 八木 満, 木原 未知也, 岡田 英次朗, 堀内 行雄
    Source:関東整形災害外科学会雑誌(0389-7087)40巻臨増号外 Page57(2009.03)
    論文種類:会議録
  162. 腰椎変性側彎症の自然経過 側彎進行の予測因子
    Author:岡田 英次朗(川崎市立川崎病院 整形外科), 木原 未知也, 二宮 研, 八木 満, 叶内 平, 西村 空也, 長谷川 貴之, 武田 健太郎, 越智 健介, 森田 晃造, 關 美世香, 堀内 行雄
    Source:日本脊椎脊髄病学会雑誌(1346-4876)20巻2号 Page447(2009.03)
    論文種類:会議録
  163. 高齢者の腰椎変性すべり症に対する椎弓根スクリューを用いた椎間関節固定術の適応と限界
    Author:八木 満(川崎市立川崎病院 整形外科), 二宮 研, 岡田 英次朗, 木原 未知也, 堀内 行雄
    Source:日本脊椎脊髄病学会雑誌(1346-4876)20巻2号 Page343(2009.03)
    論文種類:会議録
  164. MRI T2強調画像にて髄内に高輝度領域を認める頸髄症の病態、危険因子の検討
    Author:八木 満(川崎市立川崎病院 整形外科), 岡田 英次朗, 二宮 研, 木原 未知也, 堀内 行雄
    Source:日本脊椎脊髄病学会雑誌(1346-4876)20巻1号 Page266(2009.03)
    論文種類:会議録
  165. 腰椎すべり症に対してpedicle screwを用いた腰椎固定術に伴う隣接椎間障害の検討
    Author:二宮 研(川崎市立川崎病院 整形外科), 八木 満, 木原 未知也, 岡田 英次朗, 關 美世香, 森田 晃造, 越智 健介, 武田 健太郎, 長谷川 貴之, 西村 空也, 叶内 平, 堀内 行雄
    Source:日本脊椎脊髄病学会雑誌(1346-4876)20巻1号 Page203(2009.03)
    論文種類:会議録
  166. 第5CM関節尺側脱臼の1例
    Author:西村 空也(川崎市立川崎病院 整形外科), 森田 晃造, 越智 健介, 叶内 平, 二宮 研, 長谷川 貴之, 岡田 英次朗, 武田 健太郎, 八木 満, 關 美世香, 木原 未知也, 堀内 行雄
    Source:日本手の外科学会雑誌(0910-5700)25巻3号 Page329(2008.12)
    論文種類:会議録/症例報告
  167. 小指MP関節垂直位lockingの1例
    Author:叶内 平(川崎市立川崎病院 整形外科), 越智 健介, 森田 晃造, 西村 空也, 岡田 英次朗, 長谷川 貴之, 二宮 研, 武田 健太郎, 八木 満, 關 美世香, 木原 未知也, 堀内 行雄
    Source:日本手の外科学会雑誌(0910-5700)25巻3号 Page328-329(2008.12)
    論文種類:会議録/症例報告
  168. 腰部脊柱管狭窄症に対する内視鏡下除圧術の新アプローチの治療成績
    Author:八木 満(川崎市立川崎病院 整形外科), 二宮 研, 岡田 英次郎, 木原 未知也, 堀内 行雄
    Source:東日本整形災害外科学会雑誌(1342-7784)20巻3号 Page443(2008.08)
    論文種類:会議録
  169. 腰椎変性疾患に対する椎弓切除術にPedicle screwを使用した際のX線学的評価
    Author:二宮 研(川崎病院 整形外科), 八木 満, 岡田 英二郎, 木原 未知也
    Source:東日本整形災害外科学会雑誌(1342-7784)20巻3号 Page438(2008.08)
    論文種類:会議録
  170. 骨芽細胞に発現するOsteomodulinの同定と組織学的検討
    Author:二宮 研(慶応義塾大学 整形), 宮本 健史, 藤田 順之, 鈴木 亨, 須田 年生, 戸山 芳昭
    Source:日本整形外科学会雑誌(0021-5325)81巻8号 Page S1016(2007.08)
    論文種類:会議録
  171. 骨芽細胞に発現するOsteomodulinの同定と組織学的検討
    Author:二宮 研(慶応義塾大学 整形外科), 宮本 健史, 藤田 順之, 鈴木 亨, 戸山 芳昭, 須田 年生
    Source:日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集(1349-0761)25回 Page291(2007.06)
    論文種類:会議録
  172. 破骨細胞の分化制御 破骨細胞の作り方 DC-STAMPによる細胞融合
    Author:宮本 健史(慶応義塾大学 医学部発生・分化生物学), 八木 満, 藤田 順之, 二宮 研, 鈴木 亨, 岩崎 良太郎, 戸山 芳昭, 須田 年生
    Source:日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集(1349-0761)24回 Page91(2006.07)
    論文種類:会議録
  173. 第1,2中手骨に発生した孤立性骨嚢腫の1例
    Author:三笠 貴彦(東京歯科大学市川総合病院 整形外科), 高橋 正憲, 福岡 昌利, 二宮 研, 菊池 謙太郎, 小柳 貴裕
    Source:関東整形災害外科学会雑誌(0389-7087)35巻6号 Page374-377(2004.12)
    論文種類:原著論文/症例報告
  174. 手関節部に発生した色素性絨毛結節性滑膜炎の1例
    Author:二宮 研(東京歯科大学市川総合病院 整形外科)
    Source:日本手の外科学会雑誌(0910-5700)21巻3号 Page301(2004.10)
    論文種類:会議録/症例報告
  175. 高齢者に発生したBosworth骨折の1例
    Author:二宮 研(慶応義塾大学 整形外科), 須田 康文, 松本 秀男, 大谷 俊郎, 戸山 芳昭
    Source:東日本整形災害外科学会雑誌(1342-7784)16巻4号 Page589-592(2004.12)
    論文種類:原著論文/症例報告
  176. 汎用型冷凍庫を用い各種温度で凍結保存した幼若骨のViabilityの検討
    Author:二宮 研(東京歯科大学市川総合病院 整外科), 高橋 正憲, 小柳 貴裕, 川久保 誠, 南雲 剛史, 川北 敦夫, 兼子 智
    Source:歯科学報(0037-3710)103巻10号 Page812(2003.10)
    論文種類:会議録
  177. 特異な病態による高齢者の反復性肩関節脱臼の1例
    Author:皆川 結(静岡赤十字病院 整形外科), 濱田 一壽, 山下 裕, 牧田 聡夫, 山根 誓二, 奥山 邦昌, 立花 真嗣, 二宮 研
    Source:中部日本整形外科災害外科学会雑誌(0008-9443)46巻4号 Page774(2003.07)
    論文種類:会議録/症例報告
  178. 軽微な外傷により高齢者に発生したBosworth型足関節脱臼骨折の1例
    Author:二宮 研(慶応義塾大学 整形外科), 須田 康文, 松本 秀男, 大谷 俊郎, 井口 傑, 戸山 芳昭
    Source:東日本整形災害外科学会雑誌(1342-7784)15巻3号 Page561(2003.08)
    論文種類:会議録/症例報告
  179. 距骨及び両果骨折を伴わない全周性距骨開放脱臼の1例
    Author:二宮 研(静岡赤十字病院 整形外科), 山根 誓二, 濱田 一壽, 山下 裕, 牧田 聡夫, 奥山 邦昌, 立花 真嗣, 皆川 結
    Source:中部日本整形外科災害外科学会雑誌(0008-9443)46巻2号 Page354(2003.03)
    論文種類:会議録/症例報告
  180. 頚椎術後のNGケアとOKケア
    Author:二宮 研, 白石 建
    Source:整形外科看護 = The Japanese journal of orthopaedic nursing 17 (1), 24-29, 2012-01

医師紹介

土曜日診療担当

松森まつもり 哲郎てつろう

理事長

二宮にのみや ひろし

  • 医学博士
  • 横浜市立大学医学部卒業